お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 靴の中をさらりと気持ちよく保つのに最適!レザーインソールでちょっと贅沢
足のお悩み

2015/12/04

靴の中をさらりと気持ちよく保つのに最適!レザーインソールでちょっと贅沢

お手入れレシピTOP

インソール(中敷き)は、いろんなタイプが市販されていて、使おうかなと思っても
「うーん、どれがいいの?」と迷われる方が多いと思います。

どんな目的で使いたいのか?をしっかり意識して・・
あとは「素材」に注目して選ばれることをおすすめします。

実用的なのはもちろん、ちょっとリッチな気分になれる「天然レザーインソール」
使ってみるとなかなかいいですよ!

2009年6月のメルマガバックナンバー<メルマガご購読はこちらからどうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ レザーインソール、愛用されていますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インソール(靴の中敷き)について、貴方はどんなイメージをお持ちでしょう?

インソールでできることって結構たくさんあるのですが
とても偏ったイメージをお持ちの方が多いように思います。

・足が臭い人がニオイ対策に入れるんでしょ。
・ああ、背を高く見せるやつね。
・靴が大きいときに中に入れるシートのこと?

それもはずれではありませんが、何もそんな特殊なアイテムではありません。

特に雨の多い梅雨、たくさん汗をかく夏の時期の靴にとって
本来は必需品といってもよいツールです。

貴方は天然レザーインソールをお使いになっていますか?
または、お使いになったことがありますか?

「何のために入れるの?」と不思議に思われるでしょうか?


そもそも「レザー」=冬のもの=暑苦しいとイメージされるかも
しれませんが、それは大違いなんです。

革の特徴のうち「吸湿性」と「通気性」を存分に生かしたレザー
インソールは、靴の中をさらりと気持ちよく保つのに最適なのです。

さらに、衝撃吸収力もありますので
歩行の一歩ごとに足の裏に伝わる衝撃が小さくなり、疲れにくくなります。

中敷きが固い素材の靴の場合、レザーインソールを入れると
足あたりがソフトになるのを実感してホント嬉しくなります。


<素材へのこだわり>

男性用のインソールも素材はかなり色々あります。
天然皮革、合成皮革、ナイロン、タオル、特殊な布、なんと紙製のものまで。

どんなものでも入れないよりは入れたほうがいい?

その答えは
NO

いくら活性炭シートなどを取り入れていても、全体として通気性の悪い
ものや、吸湿性に劣る素材のものだと、かえって蒸れてしまい、ニオイ
やべたつきの原因になってしまいます。

例えば雨の日、靴は防水をしていても、履き口や靴下を通じ雨が侵入して
きますね。

そんな水分も、汗も吸い取り、おまけに通気性も損なわない。
取り出して乾かしたら、またもとのように使える。
クッション性も申し分ない

そんなポイントを抑えてくれるのが、レザーインソールなのです。

気になる臭いや水虫などのトラブル対策にも、レザーインソールで靴の中の
環境を整えることはとても効果的!

家にかえってすぐにインソールを取り出すことで、靴の湿気取りも格段に
速くなり、靴にも優しい習慣です。

もちろん素敵な愛靴のブランドロゴが隠れるのはイヤだとお思いの方も
あるでしょう。

それでも、雨と汗のダブルパンチのこの時期は、ぜひともレザーインソール
ご愛用ください。

 ★男性に人気のレザーインソール★

 1.レザー
   レザーインソール
   http://happyvalue.qj.shopserve.jp/SHOP/ltr-000.html
   一般的な靴の中敷き同様、明るい茶色で中に入れても目立たない。
   薄手の羊革なので靴がきつくなりにくいのも◎

    

 2.シエスタ
   レザーインソール
   http://happyvalue.qj.shopserve.jp/SHOP/ses-000.html
   偏平足などで疲れやすい足をしっかりサポート
   柔らかい羊革とアーチをサポートするクッションで足をサポート。
   (細めの靴にも良く合います)


健康靴の先進国、ドイツで整形外科的に研究し尽くされて開発された
インソール(ペダック社製)です。
足や靴のための見えないプチ贅沢、ぜひおひとつお試しください。

関連記事