お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > スタッフタマちゃんのスエードパンプス色落ち改善お手入れレポート

2015/12/04

スタッフタマちゃんのスエードパンプス色落ち改善お手入れレポート

お手入れレシピTOP

ハッピーバリューコムのスタッフが実際にお手入れしてみた結果をご報告する実録コーナーです。


今回のネタ元は、いつもメールやお手紙でみな様にご連絡させていただいているタマちゃんです。
ハッピーバリューコムで一番レザーアイテムが好きで、たくさん持っているタマちゃんならではのお悩み
「しばらくぶりの靴」のリフレッシュに挑戦です!


ケアしたもの:数年履いていなかった黒いスエードパンプス
パンプスお手入れ


状態:靴好きが高じて、気に入るとつい買っちゃうので数がどんどん増えてくるんです。
という、習性のため、しばらくぶりにこの黒のスエードパンプスも出してきました。
レザーカフェで、スエードのカビのご相談を受けるケースも増えてきたので
内心おっかなびっくりで箱を開けました。

すると・・つま先の広い範囲が白っぽく変色。
しまう前はこんなこと無かったんだけど・・カビ?色落ち?何とかしたい。

 

意を決して、お手入れスタート

ほこりを落とすためにも最初は
生ゴムのスエードブラシで、いろんな方向にブラッシング。
スエードブラシ


それだけでも、全体的にはふかふかしてきたけれど、
やっぱり白い部分がカビなのかどうか気になる気になる。


そこで、まずはスエード用のクリーニングスプレー、
ドレスインプレグニーラー(いつまでたってもスラスラ言えません・・・)を
白さが気になる部分にスプレーし、なじませるように再度ブラッシング。
ドレスインプレグニーラー


その結果、
ここまで復活して、ひと安心。
スエードパンプス

でも・・やっぱり光の加減によっては、白い部分が気になるかも・・。
ということで、店長のススメもあり、黒く色を補ってみることにしました。

 

使ったのはベロアヌバックスプレーの黒。
よく振ってから、気になる部分に吹き付けました。
スエードパンプス


すると白っぽい感じはかなり目立たなくなりました!
(是非最初の写真と比べてみてくださいね)
スエードパンプス

良く見たら、色が少し薄くなっていたかかと部分にもついでにスプレー。
スエードパンプス


うーん、これはいいかも。
他にも黒いスエードのブーツがあったので、同じ様にお手入れしてみよう!と早速ワクワクしてきました。

このベロアヌバックスプレーは黒・茶・こげ茶と無色があります。
色落ちが心配な衣類やバッグの場合、そしてちょうど合う色が無い場合には無色でもOK。
栄養を与えつつ、もとの染めの色を活性化してくれる効果があり、試された方からも評判上々です。
ベロアヌバックスプレー

この機会に、あなたも気になる靴&ブーツをちょっとお色直ししてあげませんか?

【今回のお手入れで使用したアイテムはこちら】

【SAPHIR(サフィール)クレープブラシ】

【SAPHIR(サフィール)クレープブラシ】

あのエルメスのケア用品をも手掛けるというフランスの高級革ケアブランド【サフィール】-SAPHIR-スエード・ヌバック・ベロアなど起毛革専用ブラシです。クレープ状の生ゴムブラシで起毛革の汚れを取り除きます。

【SAPHIR(サフィール)クレープブラシ】

 

【 ドレスインプレグニーラー】 コロニル

【 ドレスインプレグニーラー】 コロニル

起毛製品(衣服・ハンドバッグ)用クリーナー。
起毛革を湿気から保護、汚れを分解してくれるスプレーで、革に浸透し汚れを分解、同時に栄養を与えてくれます。
新品のスエード製品の衣服・ハンドバッグの使用前に、まず本品をまんべんなく吹き付けてください。
これにより後に汚れが付着した場合でも、本品で簡単に落とす事が可能になります。

サイズ:200ml入り 直径約4.5cm、高さ約22cm

使用対象素材

スエードやヌバック、ベロアなど起毛革、デリケートなラム革などのスムースレザーにも。

主な使用目的

クリーニング・栄養補給・新しい起毛革の防水、静電気予防も

使えない素材

バイソン・クロコなどの爬虫類革、エナメル・ガラス仕上げ 

 

 

 

ヌバックベロアスプレー

栄養保護スプレー【ヌバック+ベロアスプレー】

スエードレザー用、色の再生・栄養・防水保護スプレー。 色の種類は無色・黒・茶・こげ茶をご用意。無色でも、元々の色を再生してくれる効果があるので起毛革がいきいきと輝きます。 スエードレザーを栄養を与えながらしなやかにし、フッ化炭素配合で雨や水に対する抵抗力をアップします。

栄養保護スプレー【ヌバック+ベロアスプレー】

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。


また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか

判断が難しい場合などはご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事