お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > ヌメ革のお手入れレシピ
革ケア

2015/12/09

ヌメ革のお手入れレシピ

お手入れレシピTOP

革の特徴

ヌメ革とは、タンニン(植物の渋)でなめし、
人工的に染色や塗料で仕上げないナチュラルレザーのこと。
余計な加工を施していない、ナチュラルな革だからこそ、
裏を返せばデリケートな革だということになります。
水や油をすぐ吸収してしまってシミになりやすく、
お手入れをしてあげないと硬くなってしまいがち。

 

お手入れのポイント

表面の樹脂部分が劣化しないように、保護することが何より大切

 

基本のお手入れ

まず、新品の間のケアが重要なのは他の革製品と同じ。
買ったらとにかく早めに防水スプレーでガードしてあげることが重要です。
栄養クリームで塗りむらになるのが心配な素材もあるため、
防水をしながら栄養補給もできるタイプのスプレーで定期的にお手入れするのが得策。
シュプリームプロテクトスプレー

シュプリームプロテクトスプレー
(新しい革や色の淡い革でまずはしっかり汚れ防止をという場合には、
防水に特化したスプレーをまず一本使いきってから、
栄養効果のある防水スプレーに切り替えることをおすすめします。)


革部分にちょっとした汚れがついたり、手垢の黒ずみが気になった場合には、
消しゴム状のグッズで、あまり力をいれずに根気良くこすってあげましょう。
ソフトガミ
ソフトガミ

 

注意点

栄養補給のためにクリームなどを塗りこむと、革の色が濃くなることがあります。
色むらにならないように、布などに良くなじませてから、全体的に塗ってあげると良いでしょう。

 

おすすめのお手入れセット

初めてお手入れされる方には、お手入れBOOKが付いたトライアルセットが便利

【靴のお手入れトライアルセット】
靴のお手入れトライアルセット

 

【バッグお手入れトライアルセット】
バッグお手入れトライアルセット

 

既に、水ジミなどトラブルでお困りならこちらへ>

 

【今回のお手入れで使用したアイテムはこちら】

【 ウォーターストップスプレー100ml 】

【 ウォーターストップスプレー100ml 】

ハッピーバリューが誇る看板防水スプレーの100mlサイズ。フッ素系の防水成分を革に浸透させることで、「汚れにくい」「シミになりにくい」革に変身。あたらしい段階のファーストスプレーがポイント。その後は少しずつ補う程度のお手入れでOK。いちばん小さなミニサイズなので持ち歩きや職場用にどうぞ。

【 ウォーターストップスプレー100ml 】

 

プレミアムプロテクト

コロニル 1909シュプリームプロテクトスプレー

革の表面に膜をはらずに、しっかりと水や汚れを避けるフッ素系防水スプレーに 最高級の栄養成分をバランスよく配合した、新定番スプレーです。 新しい革にしっかりと数回浸透させて、革自体を汚れや水に強くします。 このひと手間で、革をトラブルから守りその後のデイリーケアが簡単になります。 スエードやヌバック素材にも使えるため、素材組合せ(コンビ)のアイテムの お手入れにも便利です。

コロニル 1909シュプリームプロテクトスプレー

 

SOFT GUM ソフトガミ

SOFT GUM ソフトガミ

部分汚れをこすって落とすゴム状ケアアイテム。 優しくこすると角の黒ずみや持ち手の手垢、ついたばかりの汚れが面白いほど取れます。 ヌメ革などのデリケート革でも安心の革ケア必需品。

製造 ドイツ ザルゼンブロッド社 Made in Germany 商品名 コロニル ソフトガミ

SOFT GUM ソフトガミ

 

ケアクロス

ケアクロス(テレンプ)

大判のネル地お手入れクロス。
クリームをつけてのお手入れにも、仕上げ磨きにも使える必須アイテムです。
ケアにストッキングなんてキャー辞めてください。強い摩擦ですごい熱が発生、革が可哀想です!
ケアグッズをなじませてクリーニング保革をするのにも、仕上げからぶきにも大活躍。
大判なので重宝します。

ケアクロス(テレンプ)

 

除湿ができるバッグ収納袋

除湿ができるバッグ収納袋

【品番】 FIN-443
【サイズ】 約51×53cm
【重量】 約125g
【材質】 ポリプロピレン、B型シリカゲル
【生産国】 本体:中国、センサー:日本
【JAN】 4942430006817

除湿ができるバッグ収納袋



関連記事