お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > ムートン素材のお手入れレシピ
革ケア

2015/12/09

ムートン素材のお手入れレシピ

お手入れレシピTOP

革の特徴

ムートン素材の多くは表面がスエード加工されて内側が羊毛のものですが
表側がツヤのある革の場合もあり、内側の羊毛も長さなどはまちまちです。
フェイクファーのムートンも良く出回っていますが、
上質なものはリアルムートンと同じようにお手入れしていただいたほうが良いでしょう。

 

お手入れのポイント

毛皮なのか?レザーウェアなのか?
一体どうお手入れしたらいいの?と迷われることが多いムートン。
高価なアイテムだし、何年も着用する予定で購入しても、
意外とワンシーズンでシミを作ってしまう方が多いのです。
そして、クリーニングに出せば1万円を割ることはないと考えていいでしょう。


裏地側のもこもこの羊毛部分こそが、ムートンの特徴。
この羊毛部分は、まさに毛皮の範疇になります。
ファー専用の防水・汚れ防止スプレーで良い状態を保ってください。
その後は、着用ごとに毛のしなやかな馬毛ブラシなどでささっとブラッシングをしてあげます。


また、着用中にかいた汗が、羊毛部分の汚れや黄ばみ、気になる臭いの原因になります。
着用後は、風通しのいい場所にしばらくかげ干ししてからクローゼットへ。
そして、たまには除菌消臭スプレーを活用されることをおすすめします。
森から
優しい天然除菌消臭スプレー 【森から・・250ml】

 

基本のお手入れ

裏地側のもこもこ羊毛部分こそが、ムートンの特徴。
表面にも縫い合わせ部分や裾・ポケットに部分的に見えるようなデザインのものが多いですね。
この羊毛部分は、まさに毛皮の範疇になります。
通常の防水スプレーをかけても、皮革のように浸透はせず表面に残ってしまいます。
または、毛がスプレーの溶剤のせいで「くたっ」と寝てしまい、質感が変わってしまうことも・・。
ファー専用の、防水・汚れ防止スプレー(バリオスプレー)を吹き付けてブラッシングをします。
バリオスプレー
コロニル【バリオスプレー】ハラコ・ファー(毛皮)専用防水スプレー


冬でも意外にウェアの内側は汗をかきやすいので、
そうそうクリーニングできないムートンウェアの場合には、
天然素材でできた除菌消臭スプレーをかけてリフレッシュしましょう。

表側のお手入れは、スエード素材ならスエード用のケアを、
スムース素材ならスムースレザーのケアをおすすめします。

 

注意点

表面の起毛がかなり短く、スエードかスムース素材か迷われる場合もあります。
その場合には、起毛素材用のスプレーでケアされるほうが良いでしょう。

 

おすすめのお手入れセット

初めてお手入れされる方には、お手入れBOOKが付いたセットが便利


・表面がスエードのムートンウェア用お手入れセット
ムートンお手入れセット


・表面がスムースレザーのムートンウェア用お手入れセット
ムートンお手入れセット


・ムートンブーツのお手入れセット
ムートンブーツお手入れセット

  

特に日本からの要望を強く受け、ドイツで開発された「ファ ー・ハラコ専用」 の保護スプレー。
日常的にスプレーしておくことで、 毛皮を汚れ・水分・静電気から保護。毛皮に栄養を与えてくれますから、加えてブラッシング をすることで毛並みのツヤやしなやかさを持続します。
ドライタイプの スプレーなので、毛が寝てしまったり、質感が異なる心配がありません。

バリオスプレー   200ml

関連記事