お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > ファー・ハラコ素材のお手入れレシピ
革ケア

2015/12/09

ファー・ハラコ素材のお手入れレシピ

お手入れレシピTOP

革の特徴

天然の毛皮とイミテーションのフェイクファーでは扱いが大きく異なります。
天然の毛皮を身にまとうことを嫌われる方もいらっしゃいますが仮にリアルファーのアイテムをお持ちだとしたら、せっかくご縁があって貴方のもとに来たのですから、大切に扱いたいものです。
フェイクファーにもいろいろなタイプがありますが
来年の冬も使えるように(使い捨てなんて勿体ない!)ちょっと工夫して使いたいですね。

<ハラコとは?>
本来ハラコというとキリンの子供のものをさし、その素材はとても柔らかいものです。
最近はアザラシなど別の動物のもの、ハラコのイミテーションものも多く出ていて、人気です。
コンテスなどに見られる馬の毛をカットしてそのまま用いた「ヘアー」素材とともに、
ワンランク上の着こなしのアクセントに好む女性が多いですね。

 

基本のお手入れ

まずは、天然の毛のブラシで丁寧にブラッシングをします。
毛皮用のブラシもありますし、お手元の馬毛のブラシでも構いません。

次にファー・ハラコ専用の保護スプレー(バリオスプレー)
日常的に使用して、毛皮を汚れ・水分・静電気から保護しましょう。
バリオスプレー

当然ですがクリーム系のケアグッズは、毛が寝てしまったり束になってしまうのでタブー。
ハラコ使用の靴で、少し汚れが気になってきたら、
ムース状のクリーナー(ソフトクリーナー)をブラシになじませて、
ブラッシングをした後、布で毛に添って拭くのが良いでしょう。
ソフトクリーナー
その他、ファーにも使える天然除菌消臭スプレー(森から)を使って、リフレッシュすることもできます。
森から
ただし、ファー部分の汚れを取るには、ファーの取り扱いのあるクリーニング店にお願いすることになります。

 

注意点

防水スプレーでもタイプが合わないものの場合、毛が寝てしまいふんわり感が損なわれることも。
また、虫食い予防のために薬品系の防虫剤を近くに置くと、稀に変色することがあります。

 

特に日本からの要望を強く受け、ドイツで開発された「ファ ー・ハラコ専用」 の保護スプレー。
日常的にスプレーしておくことで、 毛皮を汚れ・水分・静電気から保護。毛皮に栄養を与えてくれますから、加えてブラッシング をすることで毛並みのツヤやしなやかさを持続します。
ドライタイプの スプレーなので、毛が寝てしまったり、質感が異なる心配がありません。

バリオスプレー   200ml

 

日常のお手入れはひたすら付着した汚れやほこりを払ってあげること につきます。 ハンガーにかけてゆするようにしてほこりを落とすもよし。 長い竹串のようなもの( あくまで天然素材)で毛をすくようにしてあげるのもよし。 お手入れ用具を選んで使わないと、静電 気を起こしてしまい、かえってほこりを呼ぶなんてことにも。 おすすめは、 国内のブラシ専門メーカーによって丁寧に作られた毛皮専用のブラシ【ファー・毛皮用ブラシ】です 。

洋服ブラシ【ファー・毛皮用ブラシ】( 日本製)
製品サイズ:300×43×55
製品重量:110g
箱サイ ズ:305×58×50
材質:柄 天然木 毛 黒豚毛100%

 

関連記事