お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 衣装カバーの選び方
保管収納

2016/03/05

衣装カバーの選び方

お手入れレシピTOP

衣装カバーの選び方

ジャケットやコートなどはハンガーに吊るしたままの保管が一番。
その時に欠かせないのが、良質な衣装カバーですね。
値段や形などいろいろありますが、どんな風に選んでいますか?
保管する衣類、そして保管する場所に合わせて、
こんな風に選んで下さい。

衣装カバーの選び方

皆さんホームケアもしくは、クリーニングから帰ってきた後には、もちろん不織布の
衣装カバーをお使いのことと思います。
ほこりの中には雑菌やダニなどがうようよ・・わざわざ大事なレザーウェアに近づけるのは、
何としても避けたいところ。
(くれぐれも、クリーニング帰りの総ナイロンのカバーに入れたままになさらぬよう・・)

 

ですが、私自身、これまで近くのホームセンターで買った衣装カバーにはストレスを感じていました。

  • 決して安くはなかったわりに、すぐにびりっと破れそうになる。
  • ハンガーを通す穴の部分からほこりが
  • 片面は透明なビニール素材で、これがすぐにくしゃくしゃになる

衣装カバーの選び方

革の衣類はそれ自体に重みがあるので、よいしょっと掛けるのに、何だか扱いがうまく
いかず、出し入れの際に、「もーっ!」とつい声をあげてしまうほど。

 

そんなのは私だけかと思っていたのですがハッピーバリューご利用のみなさんにお聞きしてみると
同じようなご意見が多数寄せられたのです。

 

  • 私は背が低いので、衣類を保管するのは一苦労
  • 1年使うとすぐにだめになる衣装カバーがほとんど。
  • 収納スペースが部屋から見えるので、くしゃくしゃになるものは嫌。

 

私だけじゃなかったんだー!と、気持ちを強くして
ハッピーバリューでは、さまざまなタイプの不織布製衣装カバーの情報を集め実物も取り寄せてみました。

何着も入るユニットカバー VS 一着ごとの衣装カバー

おすすめしている衣装カバーを大きく二つに分けたなら、
一つに何着も入るタイプ と 1着ずつかけるタイプに分かれます。
もちろん保管場所にバー(横棒)が無いと、ユニットタイプは使用できないのですが
それぞれの特徴をここでご案内します。

コンパクト収納が一番!なら・・

何着もまとめて入るユニットカバーは、省スペース設計。
衣類と衣類の間にいちいちカバーや空気がない分、スペースを取りません。
省スペース設計
見た目にもすっきりするので、余計に空間が空いたように見えます。

 

家族の衣類を持ち主で分けて入れてもよし、冠婚葬祭用は別に・・と保管してもよし
いろいろ便利な使い勝手、工夫してみて下さいね。

※)ただし、ポールが2本重なっているハンガーラックの場合には

その間隔によっては、ポール2本分のスペースを占拠します。

 

出し入れの頻度で・・

ユニットカバーは、頻繁に出し入れする洋服に使うと、そのたびに中にほこりが入り込んでしまいそう・・。
その点では、まだ出番のある服は1着づつの衣装カバーに軍配があがります。

 

ただ、洋服をハンガーごと取り出して、着替えスペースに持って運ぶ方は、
ユニットカバーのほうが出しいれが簡単ですね。
(ポールの上からカバーをかけて、ハンガーはポールに通常通りひっかける構造なので)

 

レザーの衣類をしまうなら・・

革製品は、長い時間密着することで、となりのものの色がうつったり、
くっついてしまったりすることがあります(スティッキー現象)。
とくにつるっとしたスムースレザーの場合には、
1着ずつカバーにかけてあげたほうが良いでしょう。

 

経済的なのは・・

1着づつのサイドファスナーカバー3枚と、
ユニットカバー1枚が大体同じ様なお値段です。

 

ユニットカバーに5~7着ほど洋服が入ることを思うと、
トータルではユニットカバーのコストのほうがお得。
一方出張などのお出かけが多い方は、
1着づつのカバーにして移動の際もそのまま・・という使い勝手もあります。

 

あと、防虫剤もユニット衣装カバーの中はある程度閉鎖されていることを考えると最低限でOK。
カシミヤやウールのものを何着かユニット衣装カバーに入れて、防虫効果のある天然シダーハンガーや
引っかけるタイプの防虫剤をひとつ入れておけば安心です。

 

さて、あなたはユニット派?

ユニット衣装カバー

それとも個別カバー派

サイドファスナー衣装カバー

いかがですか?

 

衣装カバー マチ有りvsマチ無し?

続いては1着ずつ入るタイプのサイドファスナーカバーの中での対決!です。

 

今やゆるがぬ人気のカフェオレ色のサイドファスナー衣装カバー。
ご存知のとおり、「マチ」のあるものと無いものをご用意しています。

 

これから冬物のレザーウェアやファーを納めるのにマチが必要かどうか?迷ってしまわれる
こともあるはずです。

 

中身の見やすさは

マチ無しの衣装カバーは前面の胸のあたりに透明のスリットが入っていて、中のものが見えやすい!
牛革のレザージャケットやウールのコートくらいなら、マチ無しでも十分お使いになれます。
(ハンガーの厚みによりますが)

サイドファスナー衣装カバー
サイドファスナー衣装カバー

逆にマチありは透明のスリットがありません。
部分的な日焼けなどが心配な素材(濃い色のスエードやムートン)はマチありが良いでしょう。

 

ファーの毛が出ているかどうか?

人気のムートンのジャケットでも、袖口や襟元に長めの羊毛が出ているものと、そうでないものがあります。

 

マチ有り衣装カバーの最大のポイントは、毛をファスナーに巻き込まない
ための「プロテクトシート」がファスナー傍についているということ。
マチも10cmあるので、ほとんどの衣類が問題なく収納できますね。

 

毛皮や毛足の長い毛、今年流行のフリンジなどが付いているウェアに関しては、
「マチ有」をオススメします。

サイドファスナーカバー

サイドファスナーカバーマチ有・ジャケット用

【サイドファスナーカバーマチ有・ジャケット用】(3枚組)
素材  本体:ポリプロピレン(PP)不織布 サイズ : W60×L135cm×マチ10cm

 

【サイドファスナーカバーマチ有・コート用】(2枚組)

【サイドファスナーカバーマチ有・コート用】(2枚組)
サイズ : W60×L100cm×マチ10cm
素材  本体:ポリプロピレン(PP)不織布

 

【サイドファスナーカバーマチ無し・ジャケット用】(3枚組)

【サイドファスナーカバーマチ無し・ジャケット用】(3枚組)
素材  本体:ポリプロピレン(PP)不織布
サイズ : W60×L135cm

 

【サイドファスナーカバーマチ無し・コート用】(2枚組)

【サイドファスナーカバーマチ無し・コート用】(2枚組)
サイズ : W60×L100cm
素材  本体:ポリプロピレン(PP)不織布

 

これからの季節に活躍するワードローブには?

日常的にローテーションに組み込まれるジャケットやワンピース、薄手の羽織りものは
出し入れしやすくしておくことが一番。
保管しっぱなしにはしないので、虫の心配は少ないですね。
それでも、ほこりや食事の臭いなどがつくのは困ります。
その場合には、肩掛けタイプのハーフ衣装カバーがお役に立てます。

 

または、カジュアルな洋服ダンスとして、ユニット衣装カバーを活用。
キッチンやリビングのそばに衣類を置いている方は、
食べ物の臭いなどから守るためにもユニット衣装カバーがおすすめです。

関連記事