お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > レザーウェアの保管・収納
保管収納

2016/03/17

レザーウェアの保管・収納

お手入れレシピTOP

レザーウェアの保管・収納

保管をする前には、とにかく汚れを取ってあげることが重要です。
まずは今の革の状態を念入りにチェックしてみましょう。

レザーウェアの保管・収納

あきらかに汚れていたり、シミになってしまったり
着るのがちょっと恥ずかしいくらいに色落ちしていたりする場合には
保管前ケア以前の問題としてお手入れが必要です。
それが大前提です。
では、目だった汚れは無いという場合についてお話します。
それでも必ず、全体的に簡単なクリーニングをしてあげましょう。
見た目にわからなくても、排気ガスや砂、汗などの汚れが間違いなく付着しています。
「お風呂に入らずに寝る」というようなかわいそうな扱いはどうかやめてあげて下さいね。

 

牛革・羊革 レザーウェアのお手入れ手順

今年も革のジャケットやスカート・パンツが流行したので、冬のワードローブとして
頻繁に着用された方が多いのではないでしょうか?

簡単クリーニングをするのはもちろんですが、この場合靴やブーツほどには
汚れがついていないと考えられます。
ですが、そのまま何もせずに保管するのは、カビやシミなどのトラブルの元です
かと言って、クリーニングに出して「もし何かトラブルになったらどうしよう?」
と思われるのもよくわかります。

乾いた布や馬毛ブラシで表面のほこりを取るだけでもいいかもしれません。
ただし、襟ぐりや袖口には人の脂が、ひじや裾には汚れがつきやすくなります。
その部分のみ軽く汚れ落としと保革をしておくのがいいでしょう。
ムース状のクリーナー「レザーソープ」で全体を拭いて表面の全体的な汚れを落とし

レザーソープ

レザーソープ

汗などの雑菌が気になる内側も「革にも安心な除菌消臭スプレー」をシューッと。
森から

人から譲ってもらったものなど、たばこや香水の匂いが気になることも多いですが
そんな時は外側も森から・・を吹き付けた布で拭いてみて下さい。

そしてしばらく風通しのよいところに干したら・・
仕上げには栄養補給も同時にできるリッチな防水スプレー1909シュプリームプロテクトを全体にかけてあげてリフレッシュケアは完成です。
シュプリーム

クリーニングに出すほどではないけど、新品では無いレザーウェアをお持ちの貴方のために必要なケア用品をケアブック付きのお得なセットにまとめてみました。

すでに着ている表革ウェアに
レザーウェアリフレッシュセット

レザーウェアリフレッシュセットv

セット内容

レザーウェアのお手入れレシピ
レザーウェアのお手入れレシピ 全19P
ハッピーバリューコムオリジナルのケアブック。 
牛革・ラム・豚・山羊革のスムースレザーの
お手入れや保管についての情報がバッチリ。

1909シュプリームプロテクトスプレー

1909シュプリームプロテクトスプレー
防水と同時に質の高い栄養分を与えてくれる
フッ素系防水スプレー。
プレミアムプロテクトがさらにグレードアップしました。
大切なバッグや小物、レザーウェアにのお手入れに欠かせません。

コロニル レザーソープ 

コロニル レザーソープ
高級な天然のワックスで革に栄養を与え、
柔らかくしなやかに。
クリーニング兼保革・革のひきしめ用の
きめ細かい泡のムース。

グローブクロス

グローブクロス
中に手を入れてお手入れできるグローブタイプの
お手入れ用クロス。
クリームをつけてのお手入れにも、
仕上げ磨きにも使える必須アイテムです。

森からミニ

森からミニ
大人気の天然除菌消臭スプレー。
革にも安心の成分でできているので
気になる臭いにシュッ。
脱いだウェアのリフレッシュに。



また、部分的にすれたような汚れが見つかった場合は、ソフトガミ(消しゴム上のケアグッズ)で優しくこすってあげると取れる場合が多いですね。

ソフトガミ

そして必ず数時間以上陰干ししてから保管場所へ。
タンスなどに折りたたんで入れておくのは極力避けて、
通気性の良い不織布の衣装カバーに入れて吊るしておきましょう。近くには除湿剤をお忘れなく。

もし、色落ちが激しい場合や、ディアマントでは色合わせが難しい場合には
しっかりと色補修できるクリームがおすすめです。

色補修できるクリーム

内側のメンテナンス

レザーウェアの内側は、布地が貼ってあることがほとんどですね。
でも、だからって洗剤で洗うと革にシミができそうで心配だし・・・。

これから長く、よどんだ空気の中に保管するのですから、内側に雑菌がたくさん残ったままだとまるでカビ培養実験状態です。

内側に残る雑菌が繁殖することで、カビや取れない臭い、シミを引き起こす
ことがありますので、何をおいても除菌スプレーは欠かせません。

注意点は、革素材にも安心なものを選ぶことですね。
ご存知ハッピーバリュー定番の天然除菌消臭スプレー森から・・におまかせ!
革にも人にも優しい成分だけでできているので安心して使えます。
保管場所にもシューっとスプレーしておきましょう。

森から・・ スプレータイプ

森から・・ スプレータイプ(250ml)

保管の注意点

お手入れが終わったら、次は保管場所の準備です。

革の衣類も日焼けで変色しやすいですし、ほこりも心配ですね。
かといって、ナイロンのカバーをかけてしまうと、今度は湿気がこもってカビの原因になります。

たたんで保管するのが良いという意見もあるようですが
折れた部分のシワを元に戻すのは至難の業ですから、
ハッピーバリュー・コムでは幅の広めのハンガーにかけての収納をおすすめします。

フォードロワー S

 

ご存知かどうか、冬の衣類は日焼けで変色しやすいんです。
もちろんほこりが被ってしまっては、せっかくの良品も台無しです。
かといって、ナイロンのカバーをかけてしまうと、今度は湿気がこもってカビの原因に。

そこで、活躍するのが「不織布(ふしょくふ)」の保管グッズ達。
ほこりや紫外線からは守りつつ、必要な通気をしっかりキープしてくれるんです。

また、革衣類はたたんで保管するのが良いという意見もあるようですが
折れた部分のシワを元に戻すのは至難の業ですから、ハッピーバリュー・コムでは幅の広めのハンガーにかけての収納をおすすめします。

そして、ハンガーに吊るした後は、賢い不織布衣装カバーの出番です。

ハンガーをかけるバーに直接セットするユニット衣装カバーなら4~5着が一気に保管できて便利です。

ユニット衣装カバー

 

ムートンやファーなど毛の長いものは、毛をファスナーに巻き込まないようプロテクトシートの付いた、マチ有の衣装カバーをおすすめします。

マチ有の衣装カバー

 

「さあ、これで安心」というのはまだ早い!
最後の仕上げは・・

「保管場所の湿気対策」が大切です。
梅雨でなくても、高気密な現代の家では数日雨が続いただけでかなり湿気が高くなります。
特に日中働きに出ていて、夏場に部屋の気温がかなり高くなるお宅の場合にはいくらクリーニングをしていても、カバーをかけても、カビが発生する可能性があります。

そのためにおすすめするのが
イチオシの除湿アイテム炭草花 フォードロワー

大切なレザーアイテムの近くに置いておくだけで、湿気だけじゃなくてホルムアルデヒドのような化学物質や気になるニオイまでしっかり吸着してくれます。

炭草花 フォードロワー シリーズ

大き目の衣装ケースやシンク下、タンスの引き出しの場合には
フォードロワー Mサイズ×1枚 をお使いください。

炭草花 フォードロワー

フォードロワーは、S・M・Lサイズをご用意しました。
保管場所の空間面積や湿気ぐあいによって、
必要なサイズと枚数をお選びいただく必要があります。

空間にあった大きさや枚数を選ぶ目安はこちらの詳細ページにて。

「なんだまた炭か・・・」なんてお思いの貴方に
まずは私たちがこれなら胸を張ってご紹介できる!と思ったポイントをご紹介しましょう。

1.湿気を取るだけでなく、過度の乾燥も調整してくれる

2.空間面積当たりの必要使用量についても明確な基準がある

3.極力場所を取らないように機能そのままで密度を3.5倍に圧縮
   
  手のひらに乗るくらいの大きさで、サッカーグラウンドと同じくらいの表面積があるので吸着能力が高いそうです。

4.ホルムアルデヒドなどのVOC(シックハウスの原因物質)さえも吸着して除去してくれる

5.もちろんニオイも吸着し、保管場所の脱臭にも○。

そして何より、上記の5つについて、しっかりとした実証データが整っているというところが
嬉しい6つめのポイントです。

要するにギュッと小さい(薄い)のに、湿気もニオイも
嫌な化学物質も除去できて、しっかり信頼できるのです。

私たちの大切な革アイテムを保管する場所の空気を、私たちにかわってしっかり管理してくれる
頼れる「空気管理アイテム」といってもいいでしょう。

個別の靴やバッグやウェアごとに湿気対策をするのではなく
「保管する空間」そのものの湿気対策をしっかりしておくことができれば、
カビの心配はかなり少なくなりますね。

もちろん天日干しで繰り返し使用できますから、毎年買い換えるタイプの除湿剤と比べて
コストパフォーマンスもかなり期待できます。

 同じシリーズで、デザインにも工夫された「炭草花シリーズ」も、今やハッピーバリューの定番アイテムです。

除湿アイテム

詳しくはこちら>>

他にもハンガープラスというハンガーにかけるタイプの除湿剤も使いやすく、
スタイリッシュで人気です。

ハンガー・プラス

ハンガー・プラス 
原材料 高温炭化木炭、特殊不織布
サイズ w8.5cm×h34cm(厚み約7mm)

是非保管される空間の面積や、保管するアイテムによって合うものをお選びください。

気になる虫食い

もうひとつ、特に冬物の保管で気になるのが虫食い。
革や大切なニット、私たちにも優しい天然木製防虫剤はこちらでどうぞ。

防虫剤の選び方

関連記事