お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 雨、汗、飲み物による「水ジミ」のお手入れ|お手入れスタイル
トラブル

2016/03/17

雨、汗、飲み物による「水ジミ」のお手入れ|お手入れスタイル

お手入れレシピTOP

諦めずに自分で何とかしたい! 水ジミのお手入れ

雨や水によるシミトラブル

もともと水に強くない革素材。

突然の雨などで、革にシミが残ることも。

「今度は先に防水!」と誓いつつ、

できる限りの対処法を・・・

 

水ジミのお手入れ、こんな感じでやってみました

ヌメ革や牛革、

バッグやお財布などについてしまった

水ジミのお手入れは・・・

 

ルイヴィトンのバッグについてしまったシミ。

ヌメ革部分に水ジミはつきものヌメ革部分に水ジミはつきもの

ちなみに、今回のケアでは、

もとの革の色より、少し濃い色に見えることになりそうです。

 

それでも、

 

そのままクッキリ水ジミが目立つよりは、

多少ヌメ革の色が濃くなっても、

シミが目立たないほうがいい!

 

という場合には、こんな方法を試してみてください。

  

水ジミのお手入れ手順

まずは、消しゴム状のクリーナー

ソフトガミ

で優しく、輪郭をぼかすようにこすってみます。

消しゴム状のクリーナーソフトガミで優しく輪郭をぼかすようにこすってみます

※ ヌメ革がカサカサの状態の場合には、
 先にデリケートクリームを少し塗りましょう。
 クリームがなじんでから、ソフトガミを使った方が、
 革への負担が少ないです。

 

続けて

デリケートクリーム

という乳白色のクリーム状クリーナーを、

布になじませて塗りこみます。

「デリケートクリーム」という乳白色のクリーム状クリーナーを布になじませて、塗りこみます。

ヌメ革が濃くなりましたが、

数分である程度戻ります。

 

この時点で、

水じみの部分と、他の部分との色の差が、

以前より目立たなくなります。

 

ただ、クリームに含まれる栄養分の影響で、

革の色は、お手入れ前より濃くなります。

 

ですから、

デリケートクリームを塗る際には、

部分的にではなく、

ヌメ革全体に塗られたほうがいいですね。

上記の2つのステップは、

2,3度繰り返していただいても、

1日置いてまたトライされても構いません。

 

他にも、

ベルトの汚れや、持ち手の汚れにも効果的です。

 

ケアしたベルト

↑ 下のベルトがケアしたもの。

 

キレイになっただけでなく、

革の質感も変わったの、

おわかりになりますか?

 ケア前ケア後

ケア前と比較すると・・・一目瞭然!

ケア前ケア後

雨ジミもきれいになりました。

 

あきらめていた水ジミも、

お手入れ次第で目立たなくなり、

イキイキとよみがえる可能性があります。

 

早速試してみようとお考えなら・・・

 

「バッグ用のトライアルセット」

がお役にたてるはずです。

バッグのお手入れ用セット

詳細およびご注文はこちらのページへ今すぐ!

 

今回ご紹介した、

ソフトガミとデリケートクリームはもちろん、

お手入れ用のクロスや、

お手入れのの基本がわかるマニュアル付き。

 

送料無料でお手元に届きます。

 

もちろん単品でもお求めになれます。

コロニル デリケートクリーム

コロニル デリケートクリーム

コロニル デリケートクリーム

 

ヌメ革やデリケートレザーにも安心して使える

優しい&力強いクリーナー。

 

ヌメ革、アニリン染め、ナッパレザーなど、

デリケートな革にも

安心して使えるクリーナーです。

 

表面の自然な風合いを保ちながら、

汚れを落としてくれます。

  • 用途:ハンドバッグ・靴・革小物
  • 色:無色
  • 使えない革製品:爬虫類革・エナメル・起毛革(スエード・ヌバック)
  • 50ml

 

コロニル ソフトガミ

コロニル ソフトガミ

 

消しゴム状の革専用汚れ落とし。

部分汚れをこすって落とす、

ゴム状ケアアイテム。

 

優しくこすると、

角の黒ずみや持ち手の手垢、

ついたばかりの汚れが・・・

面白いほど取れますよ。

 

ヌメ革などのデリケート革にも

安心の革ケア必需品。

 

  • 使用素材・対象 : 表皮革・エナメル革のバッグ、
    サンダル・靴ウェアなど幅広く使用できます。
  • サイズ : 外寸 約6cm×3cm

 

できる限り早めのお手入れを!

革のバッグやウェアは、

「雨の日には持たない」

と、気をつけている方が多いと思います。

 

それでも、急に降りだした雨や、

不意にこぼしてしまった水によるトラブルは、

後を絶ちません。

 

このようなことを避けるために、

本来なら、

新しいうちから防水スプレーで保護すべきです。

でも、うっかりシミになってしまったのなら、

 

今すぐの対策を!

詳細およびご注文はこちらのページへ今すぐ!

 

関連記事