お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > しまってたバッグ 使おうと思ったら、内側がベタベタしてる|お手入れスタイル
トラブル

2016/03/17

しまってたバッグ 使おうと思ったら、内側がベタベタしてる|お手入れスタイル

お手入れレシピTOP

バッグの内側のベタベタトラブル、修復は可能?

 バッグをしまっておいて、

出してみたら、なぜか内側がベタベタ!

 

そういうトラブル、本当に多いんですよ。

 

あなたは、大切なそのバッグを、

 

長く使いたいと思って、

大事に保管して、

また次に使う時を楽しみにしていたのに・・・

 

使っていない時に起こる、保管トラブルほど、

悲しいものはありませんよね。

 

これは通称「内ベタ」とか「中ベタ」と呼ばれ、

バッグの価値が大幅に下がるそうですよ。

 

実際、ルイヴィトンのバッグなど、

このようなトラブルのご相談が後を絶ちません。

 

原因は、

あなたの保管方法に問題があったか、

使った後のお手入れに問題があったのか。

 

その原因や対策については、

これから順番にお話していきますので、

最後までお付き合いください。

 

いずれにしても、

そのままにしておいても、何も変わりません。

逆に、さらにひどくなる恐れだって高くなります。

 

修復できるなら、今すぐトライしてみたいですよね。

 

では、その修復の方法を確認してみましょう

 ただし、

手で内側を触って、あきらかにベタベタしていて、

内側の素材が、手にくっつくような場合は・・・

 

残念ながら、

あなたご自身のお手入れで、修復する手段がありません。

各ブランドの、カスタマーサービスでご相談してみてください。

「内側の張り替え」に対応してもらえるかと思います。

 

ここからは、

 

「そんなにひどく無いけれど、少しべたついている感じがする」

 

というあなたのための、お手入れ方法のご紹介です。

 

もし、それくらいの状態なら、

これからご紹介するお手入れで、

比較的簡単に修復できますよ。

 

お手入れには、ムース状のクリーナー

 コロニル レザーソープ

を使ってみましょう。

 

  • まず、布にピンポン玉大ほど取ります。

ムース状のクリーナーコロニル レザーソープを布にピンポン玉大ほど取り

 

  • 布になじませて、バッグの内側を拭きます。

布になじませて、バッグの内側を拭きます。

布になじませて、バッグの内側を拭きます。

以上。

 

驚くほど簡単だと思われたはずです。

 

そのあとは、バッグの内側が乾くまで、

中に新しい空気が入るようにしながら

通気しておくようにしましょう。

 

コロニル レザーソープ

コロニルレザーソープ 200ml

 

ムースを塗りこむ時には、

グローブタイプのクロス

が隅々まで塗れて便利です。

グローブクロス

 これ、必需品です。

 

オススメのお手入れセット

バッグのべたつき対策セット
バッグのべたつき対策セット

楽天市場店でのお買い上げはこちらから

同じ失敗をしないためには・・・

 

例えば、

大事にしまっておこうと、

 

購入時に包まれていた薄紙や、

 

ネル生地っぽい保管袋に入れて、

 

箱に入れて・・。

 

そんな保管をしていましたか?

 

しっかりしまっているからこそ、

通気性が損なわれてしまったんでしょう。

 

主な原因は、「加水分解」。

 

簡単に言うと、

「水を加えると分解する」

っていうことです。

 

つまり、

内側の素材(化合物)が、

水に触れて(加水)、

分解してしまう。

 

その結果、

内側の素材が剥がれたり、ベタベタしたり。

 

じゃあ、どこから水が来たの?

 

そう思われますよね。

 

例えば、保管中の湿気です。

 

あとは、

濡れたハンカチを、しばらく入れっぱなしにしたり、

雨の日に、濡れてしまったり、

飲み物がこぼれてしまった、

何てこともあるかも。

 

湿気の影響で、内側の素材がベタベタしてしまうんです。

 

バッグの内側は、

汚れてもお手入れしやすいよう、

合成皮革やナイロンが使われることが多く、

思ったより湿気に弱いんですよね。

 

だから、保管環境が何より大切です

 

内ベタトラブルを防ぐためには、

なんといっても、

 

良い環境で保管してあげることが一番。

 

もちろん、

それが、バッグのカビ対策にもなります。

 

除湿は、しっかりしておきたいところです。

 

そして、

不織布保管袋などを活用して、

ほこりや雑菌をよけつつ、通気は保つという、

 

優しい保管をしてあげて下さい。

 

ちなみに、

購入時に付属していた保管袋も、

ものによっては、通気性が悪いものがあります。

そんな素敵な保管袋は、別の用途で活用しましょうか。

 

もちろん保管場所にもご注意を

 

とにかく、通気性が悪い場所は避けましょう。

 

でも、クローゼットや押し入れにしまわざるを得ない、

そんなことも多いかも知れませんね。

 

そんな場合でも、

しっかり除湿剤を使って、

保管してあげることをおすすめします。

 

おすすめは、

見た目もスタイリッシュで除湿効果も高い

「炭草花」シリーズ

「炭草花」シリーズ

バッグ用の除湿剤もあります

 不織布保管袋

 

さらに、ポイントがもう1つ。

 

「奥にしまいこまないこと」

 

雨が続いたあとの快晴の週末には、

さっと取り出してみましょう。

 

通気の良い場所で陰干ししながら、

中の状態がチェックできるといいですね。

 

その他、内ベタトラブルを防ぐために、日ごろ気をつけること


やはり、

内側に汚れや雑菌が付着していると、

余計に痛みやすくなります。

 

濡れたハンカチが入ったまま・・

なんてバッグには過酷な状況です。

 

お家に帰ったら、

バッグの中身を全部出しましょう。

 

そして、小ぶりなブラシを使って、

ほこりや汚れをかき出すように、

ブラッシングしておくと安心です。

 

もちろん一緒に、

 

バッグの外側

持ち手

金具の周辺

 

などもブラッシングをしておくといいでしょう。

ルボウ 馬毛ミニブラシ

ルボウ馬毛ミニブラシ

 

オススメのお手入れセット

バッグのべたつき対策セット
バッグのべたつき対策セット

 

  • レザーソープ
  • グローブクロス
  • フォーバッグ
  • 不織布 SS/S/M 各1枚

 

そして、

 

「オリジナルレシピ」

 

をセットにしてお届けします。

 

名付けて

バッグのべたつき対策セット

どうぞあなたのバッグのお役に立てますように・・。

 

ベタベタトラブルでおこまりでしたら、

少しでも早くケアしてあげて下さい。

 

エナメルやパテント素材のべたつきでお困りなら、

こちらの

 

エナメル素材のトラブルページ

 

へどうぞ。

 

ケアグッズご注文の際に、

「早めに」

とお知らせいただければ、

できるだけ早くお届けできるよう、

手配させていただきます。

 

また、素材が特殊な場合や、

どのケアグッズを使ったらいいのか

判断がつかない場合などは

ご遠慮なく、メール(画像を添付してお送りください)

にてお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事