お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > スエードに起きやすい「色落ち」「てかり」「薄汚れ」
トラブル

2016/03/23

スエードに起きやすい「色落ち」「てかり」「薄汚れ」

お手入れレシピTOP

起毛革のトラブル

自分ではお手入れできないとあきらめていませんか?
専用のケアグッズで汚れを落としたり
色を鮮やかにするメンテナンスにチャレンジ

スエード、ヌバックなど起毛革のトラブル

もし、まだ新しかったり、特に気になるトラブルがないスエードアイテムをお持ちなら
こちらでスエードのお手入れ方法をチェックしてみて下さい。

スエードやヌバック素材に多いトラブルといえば、全体的な汚れや色のくすみ、カビなどのトラブルです。
なぜか「自分でお手入れするなんて無理!」と思い込んでいる方も多い素材ですが
専用のケアグッズを使えば、案外簡単に良い状態に持っていくことができます。

表面がスエード仕上げのムートンブーツやムートンジャケットも人気ですがお手入れ方法は同じ。
ただ、色が淡いスエード素材ほど、元に戻すのが難しいし、色も補いづらいもの。
 
クリーニング力の強いケアグッズほど、染めの色も落ちやすいので、
汚れ具合と、色が補えるかどうかを見ながらケアグッズを選んでください。
 (もちろんお困りの場合には、トラブルの画像など添えて、ご相談くださいね。)

角などが部分的に黒くなってしまった(色の濃いスエードに白い汚れが)

スエードやヌバックの部分汚れ、結構目立ちます。
例えば電車の中で、スエードの靴を踏まれちゃったという場合には
跡が白く残って気になります。

その他にもバッグの角の部分がすれて黒くなったりすることも。
デイリーケア(生ゴムでのブラッシングなど)でも落ちない場合には
専用の固形クリーナーがお役に立てます。

コロニルベロアボックスの柔らかく白っぽいグレーの面で
やさしくこすってあげて下さい。
こびりついてどうしてもとれない汚れの場合には、黄色い固い面を
使って落とすこともできます。

コロニル  ベロアボックス

コロニル ベロアボックス

全体的に薄よごれ、起毛も寝て何だか白っぽくなっている

起毛が特徴のスエードやヌバックの場合、どうしても色落ちしやすく、
また毛の周りや間に汚れが少しずつ付着して、薄よごれしやすいのが困ったところです。

もちろん日常のお手入れで、この薄汚れはかなり防ぐことができますが
既に、汚れている場合には、どうお手入れしたらいいのでしょう?

ここで力を借りるのは、スエードなど起毛革の汚れを落としつつ
栄養を補給してくれるコロニルドレスインプレグニーラー
何とも呼びづらい名前ですが、革に浸透して汚れを分解してくれるのに
革に負担を与えない心強い味方です。

コロニル  ドレスインプレグニーラ

コロニル ドレスインプレグニーラー 200ml 

使い方は簡単。
まず陰干しをして、雨に濡れている場合には十分に乾燥させてください。
次に起毛革用の生ゴムブラシでブラッシングし、毛の間のクリーニングを。
生ゴムが消しゴムのように汚れやほこりを吸い取ってくれるので
これだけできれいになることも多く、長年ケアされていない起毛グッズの
お手入れをされるとこの部分だけで目からうろこ状態です。

次に起毛革用のクリーニング兼保革剤ドレスインプレグニーラー
汚れた部分中心にスプレーして下さい。
繊維の奥にまで成分が浸透し汚れを分解してくれます。

続いて生ゴムブラシでブラッシングします。
(革がスプレーで湿っている間に)ブラシで汚れを拭い取るような感じです。

最後に全体が乾いてから再度ブラッシングして毛並みを整えて下さい。
この時、生ゴムブラッシング後に馬毛や豚毛のブラシで毛並みを整えてあげるのが
おすすめです。(スェードブラシのサイドのブラシでOKです)
全体的なうす汚れや、部分汚れはこれでキレイになるはずです。

長々と書きましたが、良く見ていただければ使ったのは専用スプレーとブラシのみ。
お手いれ作業も、スプレーがけとブラッシングのみと実は超シンプル。

生ゴムブラシ

生ゴムブラシ

カビや油汚れなど、しっかりと汚れがついた場合

上記のお手入れでは取れなさそうなしっかりした汚れやカビなどは
よりクリーニング力の強いケアグッズの力を借りるのが得策です。
お手入れのしやすさと、汚れの落ち具合を考えた場合に
おすすめはサフィールオムニローションという透明のクリーナーです。

スエードやヌバックだけでなく、布素材にも使えるのでトラブル解決後も
いろいろ活躍してくれます。

サフィール  オムニローション

サフィール オムニローション

<使用方法>
1.最初にブラシで表面の汚れをはらい落とします。

2.使用する分量のローションを
別の皿などの容器に移し、付属のブラシにローションを含ませてから、
汚れた部分やシミの部分をこすり、泡だてながら洗浄します。

3.次にローションのついたブラシを水洗いしてから、
洗浄した部分の泡をすすぎ落とすように少量の水でブラッシングします。

4.最後に残った泡をタオル等で拭き取ってください。
乾くまで6時間ほど放置して、最後にブラッシングしてください。


ふんわり色よく仕上げたい場合には、
無色または色つきのスエード用保護スプレーをかけてから
ブラッシングするとより美しくなります。

サフィール  スエード&ヌバックスプレー

サフィール 
スエード&ヌバックスプレー
色見本など詳細はこちら

例えばこんな風に汚れた靴も

汚れた靴

オムニローションを泡立てつつ塗りこみ

オムニローションを泡立てつつ塗りこみ

泡を濡れた布でふきとって、乾くまで待つとこのとおり。

泡を濡れた布でふきとって、乾くまで待つとこのとおり。

写真右がお手入れ後。
お手入れの際にスレイプニルシューキーパーもセットしているので
形も整っちゃって見違えるようです。

最後に専用ブラシで寝てしまっている毛を起毛させて
ふんわりした質感を取り戻しましょう。
意外にもシルキーな風合いを出すのに便利なのが、
簡易ブラシのスーパーヌバックです。

スーパーヌバック

会社においておくにも、バッグにしのばせておくにも便利です。

スーパーヌバック(ドイツ製) 

実際にカビの生えたブーツをお手入れしてみたレポートはこちら

実際にカビの生えたブーツをお手入れしてみたレポート

ひどい退色、変色、汚れの跡が残ってしまった場合

何だか色がくすんできたなあ・・
角の部分が色落ちしてみっともないなあ・・
と言う場合には「補色」という方法もあります。

スプレータイプの起毛用補色剤ベロアヌバックスプレーがありますので
お持ちの起毛革の色に合うもので、
うまくケアしてあげれば買った当初に戻ったかのように見違えるほどきれいになりますよ。

ちなみに、無色のベロアヌバックスプレーにも、元の色を鮮やかにする
効果があります。
いろんな色の起毛革に使いたい場合やちょうと合う色が無い場合には
「無色」をおすすめします。

黒など色付きのものも効果的ですが、「ステッチ」の色が異なる場合には
ステッチも染まってしまうためおすすめしません。
また、靴の内側や周りの場所は新聞などで覆って、
染まらないようにして置く必要があります。
コロニル  ベロア・ヌバックスプレー

コロニル
ベロア・ヌバックスプレー
詳細はこちら>>

主な効果  防水・色の活性化・栄養補給
使えない革製品  起毛革専用
量  200ml

他にもボトルタイプの補色剤もありますので、面積が狭い場合にはお役に立てます。
ボトルタイプのコロニルベロアボトルの詳細とご用命はこちらにて

ベロアボトル

 

ヌバックの靴にドレッシングがポトリ・・・
あ~どうしよう!

ヌバックの靴にドレッシングがポトリ・・・ あ~どうしよう!

ご主人からのSOSメールを受けたAIさんはネットでいろいろと対処法を検索!
ご縁があって目にとめていただいたハッピーバリューコムにお電話を下さいました。
「何とかならないでしょうか?」とのことでしたので、スエードやヌバックの汚れ落としにイチオシの
サフィール オムニローションをおすすめしました。

さて、その結果はいかに?

数日後、こんなメールをいただきました。
「おかげさまで、汚れがなくなりました!!
オムニローションでクリーニングし、乾燥させた直後はまだシミのあとがあったので
だめだったか・・・と思ったのですが、ヌバックスプレーをふって
ブラッシングしたところ添付の写真の通り、きれいに無くなりました。

主人の靴なのですが、汚した直後にすごくショックを受けていたので
きれいになったのを見てとても喜んでいました。
丁寧に教えてくださり本当にありがとうございました!」
私たちも思わずガッツポーズ!
送っていただいた写真がこちらです。

きれいに無くなりました

すぐに対処されたこともあり、
ほとんど跡が残らず、また色落ちも気にならない程度に仕上がり本当に良かったです。
ですが・・
やっぱりトラブルの対処は全部がこのようにうまくいくわけではなく・・・。
事前の防水保護ケアで、お一人でも多くこのようなトラブルを防いでいただけたら、
と願わずにいられない私たちです。
AIさん、このたびは貴重なお手入れレポートをありがとうございました。

保管中や、内側の臭いが気になる場合

特にブーツやウェアの場合には、汗をかく内側の臭いはやはり気になりますね。

もちろん臭いを取り去るための基本は、
風通しの良いところで陰干しをして通気することです。
それと並行して活用したいのが、革にも使える天然除菌消臭スプレー森から・・
本来なら枯葉などが腐って臭いがしてもいいハズの森の中が、フレッシュな空気に
保たれているのは、他でもない森の植物たちの仕業。
そんな森の植物のエキスを抽出してできた森から・・をかけて、かげ干しする
ということを何度か繰り返すと臭いも軽減されるはずです。

森から・・
詳細・ご用命はこちら>>

スエードやヌバックのトラブルでお困りなら・・

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。
ケアグッズご注文の際に「早めに」とお知らせいただければ、
できるだけ早くお届けできるよう手配させていただきます。
また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか
判断がつかない場合などは
ご遠慮なく電話0120-557-804やメールにてお問い合わせください。
(画像をお送りいただく場合はメールでお願いします。)

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事