お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > ボールペンやレシートなどによるインク汚れの対処法
トラブル

2016/03/23

ボールペンやレシートなどによるインク汚れの対処法

お手入れレシピTOP

お財布やバッグは身の回りで使うアイテムだからこそ
不意にトラブルに合ってしまう可能性が高くなりますね。

ボールペンやレシートなどによるインク汚れの対処法

最も起こりやすいトラブルの代表格と言って良いでしょう。
ふとした拍子にボールペンで書いちゃったり
お子さんがイタズラしたり
レシートのインクがお財布に移ったり・・
ほんのちょっとしたことで起こる、良くあるトラブルながら、実はなかなか手ごわいんです。
いくつかのケースごとにお手入れ方法を見てみましょう。
(少しでも目立たなくなりますように・・)

水性ボールペン・レシートインクが付着した場合

表面にインクが付着して、まだ時間も立っていない場合には
お手入れで目立たなくすることができます。
まず、消しゴム状のケアグッズソフトガミで優しくこすります。
 (素材などによって、インクが広がりそうな場合はすぐにやめます)

コロニル ソフトガミ

その後、デリケートクリームを布になじませて拭いてあげて下さい。

コロニル  デリケートクリーム

最初に防水保護してあればもちろんのこと、
もし保護ケアをしていなくても比較的良い状態になるでしょう。

そしてボールペンの汚れで手ごわいのは、革にキズがついている場合。
ボールペンによるひっかきキズが原因で、インクが革の内側まで染み込んでしまうのです。
もちろんこの場合にも、上記の2アイテムでお手入れをすることは可能です。一度試してみて下さい。
(この2アイテムはヌメ革などの汚れ落としにも使えるので、お持ちになると便利です。)

どうしても汚れが残る場合には、この後の情報を参考に、
色を入れて目立たなくするということも検討してみましょう。

油性ボールペンなどの汚れ

付着したペンが油性のものである場合には、
上記と同じくソフトガミでこすってみた後に、
油汚れやカビの除去に効果のあるライニガースプレーを使ってクリーニングします。

色落ちや質感の変化が無いとは限りませんので、
必ず最初は布にスプレーして、その布で拭くようにして下さい。

コロニル ライニガースプレー
ライニガースプレー

他にお手入れに使ったのは、手が汚れず、
すみずみまで拭きやすいグローブタイプのクロスです。

グロ-ブクロス

お手入れをして、見た目にきれいになった場合には
2,3時間置いたあと、1909シュプリームクリームデラックス
1909シュプリームプロテクトなど
栄養補給効果のあるケアグッズで必ず栄養分を与えてあげてください。

1909シュプリーム  プロテクトスプレー

1909シュプリーム プロテクトスプレー



汚れを除去するためにある程度強いクリーニング力が必要です。
カビと一緒に革の栄養分も取ってしまいますので、そのままにすると
かさかさになったり、ひび割れを起こすこともあります。
どうぞお忘れなく。

このお手入れでも汚れが落ちない場合には、この次にご案内する
補色を試してみる方法があります。

 

汚れを取るのが難しい場合の補色

残念ながら、インクが革に浸透していたり、革の色が薄くて汚れが目立つ場合には、
シミになった部分を目立たなく補修して使い続けるという選択肢もありますね。

もちろん最近はバッグのクリーニングや補修、リカラーを請け負って下さる業者さんも
増えてきているので、任せてみるのもいいですね。

ですが、コストやかかる時間には、ある程度覚悟が必要です。

もし自分で何とかしたいとお考えなら・・
おすすめはサフィールのカラー補修クリームで跡を消しこむこと。
もともとの革の色に合わせてクリームの色を選び、
(必要なら2色を混ぜ、色を合わせてください)
綿棒に少しずつクリームをのせて、シミの上に置いていきます。 

10分ほど置いてからぶきをしていただければ、色落ちなどの心配もありません。

サフィールカラー補修クリーム

サフィールカラー補修クリーム

今後は同じような目に合わないために・・・

ひとつは当たり前ですがインクを使ったアイテムを近づけないこと。
ボールペンなどはそのまま入れずにペンケースを使い
レシートは財布の革部分に触れないように気をつけましょう。

また、常に防水スプレーで保護してある革製品の場合には
汚れがついてもソフトガミでケアしたら、跡が残らない場合が多いんです。

できれば月に1回程度、特に色の淡いものを中心に、
防水スプレーをかけてあげることをおすすめします。

1909シュプリーム  プロテクトスプレー

1909シュプリーム プロテクトスプレー

他にも汚れなどのトラブルでお困りなら・・

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。


また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか判断が難しい場合などは
ご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事