お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 雨に負けない!レザーソール(靴底)の防水ケアをするお手入れ方法は?

2016/05/12

雨に負けない!レザーソール(靴底)の防水ケアをするお手入れ方法は?

お手入れレシピTOP

特に紳士靴に多いレザーソール。

各メーカーいろいろ工夫をこらしているので、

靴選びの際に「ソールの表情」をチェックされる方も多いでしょう。


そのレザーソールにまつわる悩みとしては


「雨のためかひどいシミができてしまった」

「乾燥して白っぽくなってきた」


さらに一番多いのは


「大雨にあってしまって、底から雨がしみてきた」というものでしょう。


靴下が濡れて気持ち悪いというその場での不快感も嫌なものですが、

もっと深刻な問題です。


それは、仮に底から吸い上げてしまった水が、

アッパー(甲)の革にまでしみこんでしまった場合

ひどい変色を起こすことがあるのです。

雨染み


なぜなら降ってきた雨水とは違い、底から吸い上げた水には

接着剤や染料などの成分がどうしても含まれてしまうからです。


だから、「乾いたら元に戻るだろう」と思っていても、

いつまでも色が濃いままだったり、

革がゴワゴワになったりするんです。


ああ、雨が降るならゴム底の雨用の靴を履いていけば良かった・・

なんて後悔してしまいますね。

かといって、防水スプレーやウォーターストップチューブを

革底に塗っておけば良いかと言うとそれもまた問題が。


スプレーやクリームに含まれるワックス分で、滑りやすくなってしまう上

表面の摩擦によりすぐに効果が薄くなってしまうんです。


そこで活用されるのが「革底専用の防水ケア用品」です。


単に防水というだけじゃなく、

ひび割れの防止や、シミの防止の効果もあります。


素敵な靴なのに電車の中で足を組んだら・・・靴底がシミだらけ。

なんて残念なことにならないためにも

ぜひ、貴方も活用してみませんか?


ハッピーバリューでご案内しているのは、

リキッドタイプの【ソールトニック】

ソールトニック


クロスなど使わず、ささっと塗るだけ

先がスポンジになっていて、そのスポンジに染み込ませたトニックを、

底に塗りこむという、使い勝手の良い優秀なアイテムです。

今ではいろんなメーカーから革底用のトニックが出ているようですが、

コロニルのものが一番古く有名です。

●75ml入り

●プラスティックボトル入り

●直径3.5cm×高さ14.5cm

 


できれば、新しい靴を下ろす前に革底に浸透させます。

キャップをあけ、先のアプリケータースポンジを革底に押し付けます。

ソールトニック


染み出てきたリキッドを革底全体にのばすようにしみ込ませます。


既に履いている靴の場合には、底の汚れをブラシで払ってから塗布

大体2週間に一度は補充します。

 

ソールトニックのオトクな2本セットもこちらでご案内していますので

たくさん使う方におすすめです。

ソールトニック

 

でもただ水に強いだけじゃ、あなたの大切なレザーソール靴に

適していると言えませんね。

他にもこんな特徴があります。


・革底が経年変化で劣化していくのを遅らせてくれます。

・革底特有の滑りやすさを抑え、歩きやすくしてくれます。

・お手入れしても、革底の良さ「通気性と柔軟性」は保たれます。

 

【今回のお手入れで使用したアイテムはこちら】

 

ソールトニック

革底(レザーソール)専用のケアリキッド【ソールトニック】

せっかくの革底にシミができたり、革底から雨がしみてくることが無い様に保護してくれ、長持ちさせます。 もちろん通気性は維持してくれるので嬉しいですね。

革底(レザーソール)専用のケアリキッド【ソールトニック】

 

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。


また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか
判断が難しい場合などはご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事