お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > スエード・合成スエードブーツの特徴とお手入れのポイントは?

2016/09/24

スエード・合成スエードブーツの特徴とお手入れのポイントは?

お手入れレシピTOP

スエードや合成スエードのブーツは、素材感と柔らかさが魅力ですね。
でも・・いいなあと思って買ったものの、汚れたらどうしたらいいの?
と迷われる方も多いんです。

 

素材の特徴とお手入れのポイント
スエードの特徴といえば、やはり柔らかく長い起毛。
ですが、この起毛がくせもので、間に汚れが入り込んだり、毛が寝てべたっとしたり。
おまけに、意外に水に弱く、突然の雨で雨ジミが残ったり、
乾いても革が硬くなったり 保管中のカビなどのトラブルも多く、
また残念ながら色が濃くなったスエードのシミは なかなかケアグッズでは修復できません。
一方、色落ちや色のくすみ、日焼けによる変色なども心配ですね。
ポイントは、「いかに起毛を美しく保つか」「雨ジミやカビから守るか」
という2点でしょうか? それでは早速、あなたのブーツの状態に合わせて、
安心してできるシンプルなお手入れ方法をご紹介します。

 

 “買ったばかり” のブーツのお手入れ

起毛が寝てしまわない専用のスプレーでシミを先回りして撃退!

新しいのにお手入れをするなんて・・と驚かれる方もいらっしゃるでしょうか?
実は、私たちは最初のひと手間がお手入れの中で何より重要だと考えています。

スエードやヌバック専用に開発されたベロアヌバックスプレーを最初にかけてあげることで、
起毛や革そのものが水や汚れを簡単に寄せ付けなくなります。
ベロアヌバックスプレー
細かい霧状のスプレーなので、30cmほど離してかけてあげれば、
ベージュやパステルカラーのブーツでもむらなく上手にスプレーできます。
新品のロングブーツの場合、目安として両足でスプレー100mlくらい必要です。

その後、数分スプレーの浸透を待ち、
全体になじむようにブラッシングをしてあげることでファーストケアは完了です。

 

そのブラッシングには、是非スエード専用ブラシをおすすめします。
天然生ゴム製のブラシをお持ちならそれが一番ですが、
スエードブラシ
くしゅくしゅした加工のものやフリンジなどの飾りがついたデザインの場合には、
より柔らかいスーパーヌバックという専用簡易ブラシでのブラッシングがおすすめです。
スーパーヌバック

スプレー成分をうまくなじませるのはもちろんスエードブーツ自慢の起毛をシルキーに仕上げてくれます。
合成スエードのブーツの場合でも、お手入れは同じ様に考えていただいて構いません。

その後のお手入れは、次の“既に履いている”ブーツのお手入れと同じです。

 

 

“既に履いている” のブーツのお手入れ

まずは汚れを落として・・

今まで何もしてこなかったけど・・という場合も、今からでも大丈夫。
汚れを落とし栄養分を与えてから、新しいブーツと同じ様に防水保護をしてあげましょう。

 

1.最初のお手入れでもご案内した専用ブラシスーパーヌバックまたは生ゴムのブラシ
あらゆる方向にブラッシングをしてあげることからはじめます。
数回履いたぐらいや、特にひどい汚れがない場合にはこれだけでも十分きれいに復活します。

 

2.全体的な薄汚れや部分汚れが気になる時には、クリーニングアイテムを活用。
全体的な薄汚れにはドレスインプレグニーラーがお役に立てます。
ドレスインプレグニーラー
スエードに浸透し、汚れを分解しながら、素材の色を活性化してくれるので、
くすんだ感じのスエードもシャキッとします。

また、部分的な汚れが気になる時には、
砂消しのような部分汚れ落としベロアボックスで優しくこすってあげて下さい。
ベロアボックス

 

3.仕上げに防水保護スプレーベロアヌバックスプレーをかけて、お手入れ終了です
ベロアヌバックスプレー

 

 

“トラブルがある” のブーツのお手入れ

カビを見つけてしまった場合には・・

ブラッシングで表面のカビが除去できた場合でも・・
まだカビ菌は残っている可能性が高く、いやーなカビの再発の原因となってしまいます。
その場合には、起毛革用クリーニングローション
サフィールオムニローションでしっかりクリーニングをすることをおすすめします。
オムニローション


スエードの汚れ落としのページはこちらをご覧ください。
靴 お手入れ

  

全体的・部分的な色落ちやくすみが気になる場合

スエード素材は、色落ちや色のくすみの問題をかかえることもしばしば。
ほこりなどで白っぽくなっている場合も多いので、まずはブラッシングを
四方八方、行き返りしっかりやってみましょう。
それでもだめな場合には、ベロアヌバックスプレーで、色の活性化にトライ。
黒や茶色なら色付きタイプで補色もできますし、無色にも活性化効果があります。
ベロアヌバックスプレー

 

 

“脱いだ後” のブーツのお手入れ

トラブルのもとは、雑菌と湿気

せっかくお手入れで良い状態を保っていても、ブーツの中が不衛生だったり
脱ぎ履きのたびに臭いが気になるようでは、台無しです。
しっかりした牛革のブーツの場合には特に蒸れやすく、
汗や汚れによる雑菌が、気になる臭いや、
足のトラブル(水虫など)を引き起こします。

雑菌が大好きな湿気をいち早く取り除くため、しっかり除湿をしてあげて、
できれば除菌もしておくことで、次回も爽やかに足を入れることができそうです。

そこで、ブーツ・ハッピー流「脱いだ後のブーツケア」は・・


1.ジッパーがあるものは、全開にして除菌消臭スプレーをシュー
そのまましばらく置いておきます。帰ってから2、3時間が目安です。
森から


2.その後、ブーツキーパーで形を整える
ブーツキーパー
または、ブーツ用の除湿剤ブーツリフレッシャーで除湿・脱臭を一晩優先的に行い、
その後ブーツキーパーを、セットする。
ブーツリフレッシャー

くしゅくしゅブーツなどは、革を張って形をキープする必要性は高くないので、
除湿性の高いブーツリフレッシャーで常に保管しても良いでしょう。
一方、スエード素材で細身のブーツについては、バネの力がかかるブーツキーパーだと、
素材の伸びが気になる場合もあります。
ネジ調整式のブーツキーパー、スクリューブーツキーパーがお役に立てるでしょう。
スクリューブーツキーパー

 

どうですか?思ったよりも簡単な手順でお手入れできそうだとお感じなら
是非この機会にお手入れを始めてみませんか?

 

「トライしてみたら面白くて、家中の靴とブーツをケアしちゃった」とか  
「お手入れしていたら、何だか自分の背筋が伸びるような気がして、気合が入りました」
というお便りをいただくことも多いんですよ。

ここでのお手入れの流れやケアグッズは、
もちろんスエード素材のパンプスやビジネスシューズも同じように考えていただいて結構です。
毎日履くブーツや靴がハッピーな状態だと、何だか出がけから晴れ晴れした気分。
早速お手入れを始めていただけるように、
すぐ始められるお手入れセットをご紹介します。
スエード セット

【スエードブーツお手入れ・保管セット】
新しいブーツのファーストケアはもちろん、
日常のお手入れ、脱いだ後の除菌消臭まで一通りの必須アイテムが勢ぞろい。

その上、ブーツのお手入れや保管に関する情報を全19ページにまとめたオリジナルブックが
これからのあなたのブーツライフをサポートしてくれるはずです。

 

 

【今回のお手入れで使用したアイテムはこちら】

ヌバックベロアスプレー

栄養保護スプレー【ヌバック+ベロアスプレー】

スエードレザー用、色の再生・栄養・防水保護スプレー。 色の種類は無色・黒・茶・こげ茶をご用意。無色でも、元々の色を再生してくれる効果があるので起毛革がいきいきと輝きます。 スエードレザーを栄養を与えながらしなやかにし、フッ化炭素配合で雨や水に対する抵抗力をアップします。

栄養保護スプレー【ヌバック+ベロアスプレー】

 

ペダック クレープブラシ(スエードブラシ)

ペダック クレープブラシ(スエードブラシ)

その名のとおりスエードやヌバック用のお手入れブラシ。天然生ゴムのブラシと、サイドのナイロンブラシがコンビになっています。生ゴムブラシで汚れを落とし、ナイロンブラシで毛並みを整えられます。歯ブラシタイプなので、靴やバッグなどの細かい部分もお手入れしやすいのが○。大ぶりなバッグやブーツ、ウェアの場合には生ゴムの範囲が広いサフィールクレープブラシがおすすめ。

ペダック クレープブラシ(スエードブラシ)

 

 

【 スーパーヌバック 】

【 スーパーヌバック 】

携帯に便利な起毛革用ブラシ。くしゅくしゅスエードブーツに最適。起毛ムートンやヌバックブーツなどの汚れを落とすと同時に毛並みをそろえ、シルキーな風合いをすばやく取り戻してくれます。表面はやや固めの海綿状のような仕様。

【 スーパーヌバック 】

 

【 ドレスインプレグニーラー】 コロニル

【 ドレスインプレグニーラー】 コロニル

起毛製品(衣服・ハンドバッグ)用クリーナー。
起毛革を湿気から保護、汚れを分解してくれるスプレーで、革に浸透し汚れを分解、同時に栄養を与えてくれます。
新品のスエード製品の衣服・ハンドバッグの使用前に、まず本品をまんべんなく吹き付けてください。
これにより後に汚れが付着した場合でも、本品で簡単に落とす事が可能になります。

サイズ:200ml入り 直径約4.5cm、高さ約22cm

使用対象素材

スエードやヌバック、ベロアなど起毛革、デリケートなラム革などのスムースレザーにも。

主な使用目的

クリーニング・栄養補給・新しい起毛革の防水、静電気予防も

使えない素材

バイソン・クロコなどの爬虫類革、エナメル・ガラス仕上げ 

 

 

コロニル【ヌバックボックス】(ベロアボックス)

コロニル【ヌバックボックス】(ベロアボックス)

スェードヌバックなど起毛革の部分汚れのクリーナー(消しゴムタイプ)。生ゴムと起毛仕上げ用ラバースポンジの両面クリーナーです。通常はグレーの柔らかい部分でこすりますが、あまりひどい汚れの場合には、黄色いラバーの面も使います。その後にドレスインプレグニーラーなどで保革(滋養)をして毛のしなやかさを保つのもお忘れなく。
サイズ:外寸:約7.2cm×6.4cm×2.6cm
使用素材対象:起毛革(スェード・ヌバック等)のバッグ・靴・衣類の部分汚れに

コロニル【ヌバックボックス】(ベロアボックス)

 

【サフィールオムニローション 】

【サフィールオムニローション 】

最初にブラシで表面の汚れをはらい落とします。使用する分量のローションを別の皿などの容器に移し、付属のブラシにローションを含ませてから汚れた部分やシミの部分をこすり、泡だてながら洗浄します。

【サフィールオムニローション 】

 

【森から・・250ml】

優しい天然除菌消臭スプレー【森から・・250ml】

・サイズ
250ml入り。直径約5cm×高さ約20cm

・注意点
【森から・・】は防腐剤を一切使っていません。開封後は、数ヶ月を目処に使い切って下さいね。
保管は日のあたらない冷暗所で御願いします。
なんと、日光が当たる場所に置きすぎると成分が光合成して(理科の時間みたいですが・・)
白い糸のようなものが中に浮くことがあります。
その場合も問題なくお使いいただけますが驚かれるといけませんので念のため。

優しい天然除菌消臭スプレー【森から・・250ml】

 

ペダックブーツキーパー

ペダックブーツキーパー

*とっても使いやすい!片手でレバーを握って(幅を狭めて)ブーツの置くまで入れて手を離せば、程よい幅に広がってブーツの形を美しくキープしてくれるんです。市販の多くのものはレバーが無い為、両手で狭めて奥に入れるのにコツが入りますがレバーがあるので安心ですね。 美しいフォルムがキープできる(ふくらはぎに注目!)ただ、倒れないだけでは無いのです。ブーツの美しい形をキープできるように、人の足と同じように「ふくらはぎ」があるんです!これにより革がパンと張り、ほんとうにブーツも嬉しそうに見えるから不思議です。バネの加減で絶妙な張り具合に。特別薄く柔らかい革以外は、伸びるような心配はありません。

ペダックブーツキーパー

 

炭草花【ブーツリフレッシャー】

炭草花【シュー&ブーティーキーパー】

汗やジメジメ湿気、こもる臭いでお困りではありませんか?

廃木などを活用したエコな高機能炭があなたの愛用品をしっかり守ります。

晴れた日に干す事によって何度でも繰り返し使える消臭・除湿剤。

ニオイや湿気を吸着する能力の高い木炭成形品をニオイがこもりやすい足先部分に採用。

炭草花【ブーツリフレッシャー・ロング】

 

スクリューブーツキーパー

スクリューブーツキーパー

幅の調整ができるので、どんなブーツにもベストフィット。バネ式のブーツキーパーだと、素材が伸びてしまわないか心配な、柔らかいラム革・薄手のスエード・ストレッチ素材のブーツに特におすすめ。プラチナグレーの落ち着いた外観はもちろん、フック式の取っ手も他にはあまり見かけません。引っ掛けての収納もできます。本体のすみずみにまで小さな穴が開いているのは、極力通気性を良くするための工夫。湿気の高い日本でも安心して使えるのが嬉しい。

スクリューブーツキーパー

 

 

関連記事: スエード・ヌバックのお手入れレシピ

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。


また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか

判断が難しい場合などはご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事