お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > スエード用防水スプレーの選び方|お手入れスタイル
革ケア

2016/09/27

スエード用防水スプレーの選び方|お手入れスタイル

お手入れレシピTOP

 

スエード お手入れ
気に入って買ったスエードのアイテム、ふかふかした質感がたまりませんね。
ですが、そのジャケットやブーツ、靴なども何もしないと時間とともに

くたびれて可哀そうな姿になってしまいます。

スエード お手入れ

もし今度こそは大事にしたいなあと思われているなら
以下の2つのポイントを抑え、最低限必要なアイテムをそろえて下さい。

意外に簡単!そして楽しいお手入れで良い状態を保てるはずです。

 

1.買った直後の防水スプレーは忘れずに
スエード お手入れ

起毛革は汚れやすい特性から考えても、
買った直後、使用前に防水保護スプレーを施すことがなんといっても大切です。
それはバッグでも靴でもブーツでのウェアでも同じです。

1番始めにフッソ系の防水スプレーをしておけば、
あとのお手入れは汚れ取り、毛並み揃えのみです。

ただし、起毛革に使えないものや、
毛を硬くし革に膜を張ってしまうシリコン系スプレーにはご注意を。

おすすめの防水保護スプレーは3種類有ります。

それぞれに特長がありますので分かりやすいように比較表を作ってみました

 

レザープルーフ

レザープルーフ

ガスを使わないポンプ式。換気を気にせずに使える。
防水力 ★★★★★
使いやすさ ★★★☆☆
【オススメの用途】
スエードやヌバックの靴やブーツで色が比較的濃いものや
新しいスエード・ヌバックに

 

 

ベロアヌバックスプレー

ヌバック+ベロアスプレー

粒子が細かいスプレー。無色でもとの色を活性化。
防水力 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★☆
【オススメの用途】
色が淡いスエード・ヌバック素材、バッグや小物や
少し色が褪せたスエード・ヌバックに

 一緒に補色できるカラータイプもあります。

 

どれでなくちゃいけないということは有りませんので、
お持ちのアイテムに合うものをお選び下さい。
(もしお手元に防水スプレーの「コロニル ナノプロスプレー」がおありでしたら
 そちらももちろんお使いいただけます)

ナノプロスプレー

 

 

2. 日ごろはこまめにささっとお手入れ

とにかく汚れやすい起毛革。こまめに汚れを取ることで長く美しく使用できます。
必要なものは「起毛革用ゴムブラシ」

サフィールクレープブラシ

雨に濡れている場合は日に当てずに陰干しし、
乾いてから(濡れていなければ脱いですぐ)
このゴムブラシで逆目にブラッシングしてほこりや汚れを取り除いてください。

 

ここで、専用ゴムブラシについて少し。
必ず天然生ゴムのブラシを選ばれることをお薦めします。
生ゴムでないと、摩擦で起毛部分をむしって、
汚れが取れているように見えるだけのものが多いようです。

天然生ゴム使用だと
「起毛の毛を傷めずに毛並みを保ち」
「毛並みを美しく揃え」
「油分やこすれによるテカリを元に戻す」
効果まであります。

通常、このブラッシングのみのお手入れでかまいません。
(間違ってもクリームなどは革を硬くするので使われませんよう…)

 

スエードやヌバックにおすすめのブラシ比較表

 サフィールクレープブラシ

サフィールクレープブラシ

生ゴムの面積が広い。良く手になじむ木の台付き
121×45×28mm
ブーツやジャケットなど面積の広いものに

 

スーパーヌバック

スーパーヌバック

天然生ゴムではないが、フタ付きで携帯しやすい。
汚れを落としつつも毛並みを整える簡易ブラシ
5.8cm×9.8cm
合成スエードやフリンジブーツなど生ゴムではお手入れしづらいものに。
携帯用に

 

 

どれか1つはお手元に置いてブラッシングしてあげて下さい。
(履き物とそれ以外、色の濃いものと淡いもので
使い分けておられる方が多いようです)

 

 

 

関連記事: スエード・ヌバックのお手入れレシピ

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。

関連記事