お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 衣服・革製品・バッグの冬物保管タブー
保管収納

2017/05/15

衣服・革製品・バッグの冬物保管タブー

お手入れレシピTOP

 

 

店長

こんにちは〜 店長のよしだです〜

冬のアイテムを長く保管する場合にこれだけは避けたい!というタブーを10個ピックアップしてみます。 

トラブル率が高い順にご案内しますので、早く「×」になってしまった場合には要注意!です。

では、早速始めましょう。

 

タブー1「革の衣類を折りたたむべからず」

革 保管収納

革の折れジワって本当に取れにくいんです。
熱に弱い素材ですからあまりアイロンをかけるわけにもいかず、ケアグッズでも効果が期待できません。
少し厚みのあるハンガーに吊るして保管してあげて下さいね。

→どんなハンガーがよいか見てみる

洋服ハンガー

 

 

タブー2「クリーニングから戻った衣類をビニールカバーのまましまうべからず」

ビニールカバー クリーニング

ビニールの透明な洋服カバーは家に持ち帰る際の汚れを防止するためのもの。
ビニールは湿気がこもりやすく裾やハンガーの差しこみ口からほこりも入りやすいので、不織布製の衣装カバーがおすすめです。
何着も入るユニットタイプの衣装カバーだと手間も軽減できます。

→衣装カバーのご購入はこちらへどうぞ

不織布 ユニット衣装カバー 

 

 

タブー3「革ものをくっつけて保管するべからず」

革 バッグ

使おうと思ったら隣のバッグとくっついてて色移りしちゃった!と慌ててご相談いただくことも多いんです。
革同士が密着したまま長時間置いておくと、ひっついてしまう「スティッキートラブル」が発生します。
これは「不織布保管袋」に包んだり、隣とスペースを空けて保管すると予防できます。

→バッグの保存に最適な不織布保管袋はこちらから

不織布袋
不織布 袋 バッグ

 

タブー4「カシミヤやアンゴラなどの天然素材に防虫剤を忘れるべからず」

カシミア マフラー ストール

誰しも一度は経験する「虫食いトラブル」
高価なものに限って「目立つところ」に穴が・・。
冬物は素材的にも虫の好むものが多く、おまけに梅雨どきの虫がたくさん発生する時期を乗り越えなくてはなりません。
ゴキブリなども寄せ付けない天然素材の防虫剤「シダーブロック」や「シダーハンガー」がお役に立てます!

→天然木製の防虫アイテムはこちらから

シダー天然防虫アイテム

 

タブー5「冬物のバッグや小物をプラスチックケースで保管するべからず」

プラスチックケース 

収納のお悩みTOPアイテムは毎年増えるバッグたち。
型崩れは心配だけどまたすぐ使うかも知れないし・・とプラスチックケースで保管する方が多いんです。
プラスチックは湿気がこもりやすく、見事に全部カビが生えたり、変色したり、バッグ同士が色うつりしたり・・といいことはありません。
不織布などの通気性の良い素材のケースで、ほこりや虫を除ける収納を心がけましょう。

 

タブー6「ブーツやウェアをお手入れせずに保管するべからず」

革 靴 カビ

暖かくなってきても冬物の靴などで出かけることもあるでしょう。
ということは、ブーツやコートで出かけて汗をかいてしまったことも多かったはず。
そのままの保管は黄ばみやカビの原因になりがちです。
だからといって、全部をクリーニングに出されることも無いでしょう。
特に気になるスエードアイテムとブーツだけでもさっとケアしてから保管しておくと安心です。

関連記事:冬物ブーツの保管前の上手なお手入れと保管場所は?

 

タブー7「紙に包んで箱に入れて・・厳重に保管し過ぎるべからず」

大事に思いすぎて・・それがトラブルを招く。
それほど悲しいことはありません。
買ったときに包まれていた薄い紙やネル地の専用袋に丁寧に入れて、しっかりした密閉性の高い箱に入れて保管してしまうと通気性を損ないカビも生えやすくなり、革にとっては実はありがた迷惑なのです。
革製品は通気性を意識して、密閉せずに収納しましょう。

 

 

タブー8「殺虫剤系の防虫剤をたくさん使用するべからず」

防虫剤 衣装ケース

市販されている殺虫剤系のタンス用防虫剤の中には、無臭や天然素材使用をうたっているものの決して体に安全とはいえない成分が含まれたものがかなり多いとお考え下さい。
もちろんコストパフォーマンスも考えて、全部とは言いませんが、寝室や子供部屋、リビングに近いお部屋だけでも体に優しいものを選びたいですね。
長年かけて、殺虫剤の成分を体に溜めていくのはあまり気分のよいものではありませんし、アロマティックシダー製の天然防虫剤がオススメです。

→体に優しい天然素材の防虫剤はこちらから

シダー天然防虫アイテム 

 

タブー9「エナメルなど要注意アイテムを奥にしまいこむべからず」

エナメル 革

先ほどの丁寧に保管してしまうタブーと関連しますが、特にカビなどが気になるアイテムはすぐに取り出せる場所に保管しましょう。
例えば・・べたつきトラブルの常習者、エナメル素材や過去にカビが生えたアイテムなど。
気になるアイテムは、2ヶ月に一度は取り出して、風にあてつつ問題ないかチェックしてあげるのが鉄則です。

 

 

タブー10「日の当たる状態で保管するべからず」

保管 収納 日当たり

意外に多いのがカバーをかけずに金属製のパイプハンガーにかけて保管していたレザーウェアの部分変色。
多くは日焼けによるものなのです。
オープンな収納の場合にはかならず衣装カバーで日光とほこりを除けましょう。
それから、お風呂や玄関・キッチンなど、他よりも湿度が高くなりがちな場所に革アイテムを保管するのは危険です。
保管する場所を選ぶか除湿剤をしっかり活用したいですね。

→日焼け防止に不織布衣装カバーがお役に立てます。

衣装カバー

 

→保管時の湿気防止に使える炭でできた除湿剤

除湿剤 炭

 

 店長

いかがでしたか? 

冬物保管のお役に立てたら嬉しいです。 

より詳しい情報やおすすめアイテムはこちらのページでご紹介しております。

わかりづらい点やお気づきの点等ございましたら、ご遠慮なくお寄せ下さいませ〜。

冬物保管特集

 

  

関連記事:「保管収納」の記事一覧はこちらから

 

このページでご案内した内容で是非少しでも早くケアしてあげて下さい。


また、素材が特殊な場合や、どのケアグッズを使ったらいいのか

判断が難しい場合などはご遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

関連記事