お手入れスタイル > お手入れレシピTOP > 浴衣もホームリフレッシュ! ゆかたを自宅でお手入れする方法とは?
衣類ケア

2018/08/03

浴衣もホームリフレッシュ! ゆかたを自宅でお手入れする方法とは?

お手入れレシピTOP

浴衣って、着るたびに洗うの・・・?

夏のお出かけといえば浴衣ですよね!

でもお祭りの人混みでたこ焼きやカキ氷が、ふとした瞬間に浴衣についたり・・・

自分は気をつけていても、すれ違いざまに他の人の不注意で汚れてしまうことも。
おまけに、夏のムシムシによる、汗。
浴衣を次も気持ちよく着るためには一体どうしたらいいのでしょうか?

 

クリーニングはシーズン終わりにプロに任せて

最近は襟元にレースを覗かせてみたり、帯飾りにストーンアイテムを使ったりする着こなし方が雑誌などでも提案されていますね。
この浴衣、せっかく準備したら1回着るだけじゃもったいない。
ワンシーズンに2回以上着る方が多いのではないでしょうか?
ここで疑問。


汗をかくので毎回クリーニングに出したほうがいいの?

それとも毎回自分で洗う?


着物慣れした着付けのセンセイによりますと・・

 

「浴衣を着るときは、必ず肌襦袢かキャミソールなどを着用して。
できるだけ汗は下着で吸収できるようにします。
もともとは普段着なので、手洗いや洗濯機のデリケート洗いで洗えます。
ですが、かならずのりをつけて仕上げること。
もちろんクリーニング屋さんにお願いするのもいいけれど着ていく日が近ければ、そこまでしなくても浴衣をハンガーにかけて風を通しておけば大丈夫。
ちなみに帯は、どうしても型がくずれるので原則は洗いません。
ゲタも布で拭く程度でいいでしょう。」

とのこと。

 

自分で洗って、のりをして、型崩れしないように干して・・と考えるとちょっとした時間がかかってしまいそう。

それならば、シーズン終わりにはクリーニングに出すとして、それまではできるだけ汚さずに着たいものですね。

 

浴衣を着る前のケア

高級な布素材にも安心して使える防水スプレー「ナノプロスプレー」を浴衣や帯、浴衣に合わせるバッグにかけておきましょう!

ナノプロスプレー

コロニル ナノプロスプレーの購入はこちら

 

防水スプレーをかけておけば、布の表面に汚れが付いても繊維の中にまで汚れが浸透しづらいので、さっとふき取ればシミにならずにすみます。

思いがけないトラブルを、ある程度読んで先回りのひとケア。
せめて、洗いにくい帯にはスプレーしておきたいですね。

 

浴衣を着た後のケア

浴衣を着た後にはよく陰干ししましょう。
そして、ぜひここで天然の除菌消臭スプレー「森から・・」をかけてあげましょう。
色の薄い生地は、どうしても雑菌から黄ばみが発生しやすいもの。
もちろん、汗や食べ物のにおいもすっかりリフレッシュしてからもう一度袖を通したいですね。
除菌しながら消臭してくれる天然リフレッシュスプレー「森から・・」で、浴衣を爽やかにお手入れしましょう。

森から

森から・・の購入はこちら

 

 

店長

いかがでしたか?

きれいな浴衣をキープして夏を楽しみたいですね!

わからない事があればご遠慮なくお問い合わせくださいませ〜 

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームへ

 

ナノプロスプレー

ナノプロスプレー

ナノ粒子化されたフッ化炭素樹脂の成分が素材内部に浸透し、汚れを付きにくくし、防水性を持続させます。最近買ったアイテムの汚れ防止に、来る梅雨対策に1本は今すぐカゴに入れていただくことをおすすめします。

ナノプロスプレー

 

 

【森から・・250ml】

優しい天然除菌消臭スプレー【森から・・250ml】

・サイズ
250ml入り。直径約5cm×高さ約20cm

・注意点
【森から・・】は防腐剤を一切使っていません。開封後は、数ヶ月を目処に使い切って下さいね。
保管は日のあたらない冷暗所で御願いします。
なんと、日光が当たる場所に置きすぎると成分が光合成して(理科の時間みたいですが・・)
白い糸のようなものが中に浮くことがあります。
その場合も問題なくお使いいただけますが驚かれるといけませんので念のため。

優しい天然除菌消臭スプレー【森から・・250ml】

 

 

関連記事